FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-29(Sun)

衿沢世衣子『ちずかマップ』


ちづかマップちづかマップ
(2010/01/22)
衿沢 世衣子

商品詳細を見る


あらすじ

高校に入学した千束(チズちゃん)は、尋ね人の仕事をしている、
おじいちゃんの善七にパソコンをねだる。
いつもは怖い善七なのだが、なぜか好きなように使えと大金を渡してくれる。

パソコンを買いに秋葉原にやってきた千束だったが、パソコンのことは何も分からない。
偶然出会った幼馴染の三四郎に手伝ってもらい、パソコンを買う。

善七のお店に戻ってきた千束と三四郎。
2階の書庫にパソコンを設置することに決めたが、
階段を上っているときに三四郎がぎっくり腰になってしまい、
階段の下にあった箪笥とふすまを壊してしまう。

千束は弁償するために、善七の手伝いをすることになる。


感想・みどころ

探偵のように尋ね人の仕事をすることになった千束。
(人じゃなくて物を探すことにもなる)

古地図を駆使して10年間会っていない友人を探し出したり、
子供の頃に行っていた天ぷら屋にあった絵などを探すことになる。

訪れる場所は秋葉原、本郷、麻布、浅草などなど。
(第五話では東京を飛び出して京都に行く)

三四郎の助けも借りて(勝手についてくるだけかも)、
千束はいろんなところを探索する。

「真撃…」

スポンサーサイト
2012-07-27(Fri)

山岸凉子『ケサラン・パサラン』


ケサラン・パサラン (1巻) (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)ケサラン・パサラン (1巻) (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)
(2012/07/23)
山岸凉子

商品詳細を見る


あらすじ

イラストレーター兼エッセイストの星由良子は、
最寄り駅から遠い自宅を不便に思い、駅の近くに引っ越すことを思い立つ。

由良子の姪で、アシスタント兼秘書の紫苑は、不安でいっぱい。
由良子の突然の宣言に振り回されることに。

紫苑の恋人で、編集者の樹も巻き込んで、
由良子は新しい家を建てることに奔走する。

果たして家は立つのか?


感想・みどころ

家を建てるには、まずは土地探しから。
由良子が目をつけた土地は国有地。

だが競争入札で申し込むが、落札できず。

その後、いろいろ土地を見て探すが、いい土地は見つからない。
ふと落札できなかった土地を通りかかってみると、売地になっていた。

由良子は今住んでいる家を抵当にして、その土地を買うことにする。

「これから家を建てようとなさっている方は
 決してこの先を読まないでください!」

2012-07-23(Mon)

岡野玲子『妖魅変成夜話』④


妖魅変成夜話 4妖魅変成夜話 4
(2007/03/23)
岡野 玲子

商品詳細を見る


あらすじ

玉漣娘子は織女であった。
そこに、牽牛がやってくる。
仙女である玉漣に対して、牽牛は人間であった。

龍玉将軍との過去の因縁を思い出した成潭。
今まで忘れてしまっていたことを悔いる。

かつて龍玉将軍は、崑崙山の中腹にいたことがあった。
そこで、剣仙の見習い、飛蝗に出会う。

織女は囚われ、仙界に行く。
そして、西王母に会う。


感想・みどころ

とうとう明らかになった龍玉将軍の過去。
そして成潭との因縁。
かつて、ふたりは出会っていたのだった。


なんだけど、話の筋は読んでてもなんだかよくわからなくなっている。

話の展開にはついていけなくなるけど、絵はものすごいことになっていく。

「どうしよう…
 美しい人が行ってしまった…」


2012-07-21(Sat)

岡野玲子『妖魅変成夜話』③


妖魅変成夜話 (3)妖魅変成夜話 (3)
(2003/04)
岡野 玲子

商品詳細を見る


あらすじ

龍玉将軍は、小さな龍に姿を変えた銭塘君に付きまとわれている。
(邪険にせずに、うまく転がしている。)

成潭を呼び出し、新たな任務を伝える。
今回、成潭は旅人を豚に変えてしまう姉妹を調査することに。

いつも美女に惑わされて散々な目にあう成潭は、
今回ばかりは、美女に惑わされないようにと誓いを立てる。

妖怪の美人の姉妹に惑わされそうになるが、必死にこらえる成潭。
だが結局、成潭は姉妹によって、(なぜか)牛にされてしまう。


感想・みどころ

いつものような失敗はしないようにと、必死に我慢した成潭。
だけどやっぱり、牛にされてしまう。

旅人を豚にしてしまっていた姉妹も、成潭がなぜか豚になってしまったので困る。
とりあえず、食べてしまわずに、置いておくことにする。

銭塘君に成潭にと、男にモテモテの龍玉将軍。
姉2人は線女であることが分かったのだが、
本人の招待はまだ謎の部分が多い。

「玉漣!?」

2012-07-19(Thu)

岡野玲子『妖魅変成夜話』②


妖魅変成夜話 (2)妖魅変成夜話 (2)
(2001/03)
岡野 玲子

商品詳細を見る


あらすじ

龍将軍の女装姿に心を奪われてしまいそうになっている成潭。
3人が水の中に引き込まれてしまったという洞庭湖に一人(と、幽霊と狐)で行くことに。

途中、竜女に出会い、手紙を受け取る。
そして成潭は、何とか洞庭湖にたどり着く。

だが案の定、成潭は湖の中に引きずり込まれてしまう。
そこには、旅人たちを食べる妖怪(美女)たちがいた。

一方、成潭に遅れてやってきた龍将軍。
つかまっていた白葉を助ける。
そして、洞庭君と対峙する。


感想・みどころ

相変わらず災難続きの成潭。
女好きが元でまたもや厄介な目にあう。

道に迷った際にきれいな女性がいれば声をかけ、彼女の頼みを聞いてしまい、
湖に引き込まれた先で美女の妖怪たちがいれば、
相手の正体がどんなものか分からなくても、心を奪われてしまう。

遅れてやってきた龍将軍は、洞庭君とは旧知の様子。
なにやら他の神仙とも知り合いのようだが何者なのか。

「ぼっぼっ!
 げばべぼ!」


2012-07-16(Mon)

岡野玲子『妖魅変成夜話』①


妖魅変成夜話 (1)妖魅変成夜話 (1)
(1999/09)
岡野 玲子

商品詳細を見る


あらすじ

都で官人になるために科挙の試験に旅立った李成潭。
その道中、山中で道に迷い、ある屋敷に泊めてもらうが、
その屋敷の住人は実はみな死んでいて、その屋敷の娘、王珍春についてこられてしまう。

その後も、仙女に求婚されて断ったり(仙女だったのか妖怪だったのかは謎)、
狐に化けた少年と過ごしたりと、災難が続く。

災難は続いたものの、科挙の試験には見事に合格した成潭。
喜び勇んで長安に行く。

成潭の配属先は、龍玉将軍の下だった。
そして成潭に与えられた任務は、報告されるさまざまな超常現象が、
神仙によるものか妖怪の仕業か調べ、報告書にまとめることだった。


感想・みどころ

わき目も振らず勉学に励み、見事科挙に合格した成潭。
だが災難が続く(たぶんに本人のマヌケさもあるが)。

なぜかやたらと妖怪たちにすかれてしまう。
(成潭が女好きなせいでもあるが)。

そして配属先は、また妖怪や神仙と関わる部署に。
成潭の災難はまだまだ続く。

ところで、神仙を捕まえることが任務の龍玉将軍。
成潭を手玉に取るこの人物は、謎名部分が多い様子…。

「命がけでのぞき!?」

2012-07-15(Sun)

衿沢世衣子『シンプルノットローファー』


シンプルノットローファーシンプルノットローファー
(2009/05/20)
衿沢 世衣子

商品詳細を見る


あらすじ

部活中に糸の切れた凧を見つける。
凧を揚げるため、凧糸を持っている人を探すため、学校の中を巡る。

先生のかわいがっている蛇を逃がしてしまったウサたん。
ほっしーたちに手伝ってもらい、蛇を探すことにする。

りょうちゃんは電化製品の修理が得意。
そんなりょうちゃんは夏休みも、夏休み明けも付き合いが悪く、なろめはふてくされ気味。

チヒロは文化祭の看板の手伝いを頼まれたが、用事があるからと断る。
その理由は一人で映画館で映画を見るためで、そのためにお昼ご飯代を浮かせていた。

ヨシコはダンスが好きで、母親の再婚を機にニュー・ヨークへ行く予定。
メアはヨシコがダンスの練習をしているのを予備校の窓から見ていた。


感想・みどころ

モンナンカール女子中・高をを舞台にした、少女たちの日常を描いた作品。

出てくるキャラクターたちはどこにでもいそうな女の子たち。
それでいて、みなそれぞれに個性的。

ある子は夢中になれる、何かにハマっていたりする。
またある子は、ちょっと変なことに興味があったりする。

ぎすぎすしたような学校生活は全くなく、
明るく、のびのびと、ちょっとおバカな楽しい毎日ヶ描かれていく。

「それは今日の今しかないだろ」

2012-07-12(Thu)

渡辺ペコ『ペコセトラ』


ペコセトラ (Feelコミックス)ペコセトラ (Feelコミックス)
(2010/02/08)
渡辺 ペコ

商品詳細を見る


あらすじ

「ジャグリング」:
佐倉は、担当している柴田(妻子あり)に惹かれている。
憧れと敬意から始まった担当だったが、手持ちのボールは増え、
今は下心のボールまで持って、担当をしている。

「N浜温泉紀行」:
仕事も人間関係もとりあえずおいといて、日トルで温泉旅行に来た神谷。
息の電車の中で、目的地が同じ若い男と隣の席になる。

「あに・いもうと」:
千秋の兄の俊一は、東京で芸能人をしていた。
家族のみんなからちやほやされ、わがままな兄を、千秋は嫌っていた。

「透明少女」:
日高太一の父、敏晴が再婚することになった。
再婚相手の家族との食事会の席に現れた再婚相手の娘は、ゴスロリ少女だった。

他、全8篇収録。


感想・みどころ

デビュー作も収録した短編集。

「透明少女」は渡辺ペコのデビュー作。
太一の父親の再婚相手の娘のゴスロリ少女、朝子の物語。

朝子の母はゴスロリファッションに反対している。
母は、朝子がバレエをやめて、グレてゴスロリファッションをしていると思っている。

朝子は、「強くなれるような気がする」から、黒い服を着るという。
(太一はよくわからないと答える)

朝子と接するうちに、彼女について理解していく太一。
太一は、母と娘の間にある溝を埋めていく。

「フロ入れよ」

2012-07-10(Tue)

渡辺ペコ『変身ものがたり』


へんしんものがたり (秋田レディースコミックスデラックス)へんしんものがたり (秋田レディースコミックスデラックス)
(2008/04/28)
渡辺 ペコ

商品詳細を見る


あらすじ

「平成人魚」:
海辺の食堂で働く若い男、しばたとしお。
彼の前に、ある日突然、人魚だったという、りんと名乗る女性が現れる。

「狼少年」:
狼に変身できる少年、たかし。
ある夜変身していたたかしは、少女に目撃されてしまう。

「したのうえ」:
夜中、妙な夢を見て目が覚めてしまった陽子。
妙な音がし続けるので気になった彼女は、鏡の前で、自分の舌が回り続けていることを知る。

「毒りんごパイ」:
5年間家を放っておいた母親と会うことになったエリ。
ご飯を食べに行こうと誘ってきた西島といっしょに、彼女は母にあうことにする。

「毛玉」:
ある日、体中から毛が生えてきてしまった美砂。
日を追うごとに毛は多くなり、それに対して体は縮んでいく。

他、全8篇収録。


感想・みどころ

身体の変身をテーマにした短編集。
ちょっと不思議な、ちょっとグロかったり、切なかったり、怖かったりする作品集。

「平成人魚」のとしおは彼女に振られたばかり。
そんな彼の前に、突然人魚だったという美女、りんがあらわれる。

突然の変な来訪者にいらだつとしお。
りんを追い出したあと、人魚姫の結末を思い出し、あわててあとを追おうとする。

「毛玉」の美砂と同棲しているヒロ。
彼は体中から毛が生えてきて、体が縮んでいく彼女と暮らす。

そんな美砂をヒロはかわいいと思いながらともに過ごしていた。

「元人魚?」

2012-07-09(Mon)

渡辺ペコ『東京膜』


東京膜 (クイーンズコミックス)東京膜 (クイーンズコミックス)
(2006/01/19)
渡辺 ペコ

商品詳細を見る


あらすじ

「真昼の客」:
団地に引っ越してきた美子とその夫のじゅん。
ある夜、酔っ払って帰って来たじゅんは大きな黒いイスを買ってくる。
またある火の昼、美子が家に一人でいるときに、訪問販売がやってくる。

「適正距離」:
佐和子は飲むときにはつぶれるまで飲んでしまう。
彼女の部屋は玄関から廊下が長く、酔っ払って帰って来たときには、
部屋にたどり着く前に眠ってしまっていた。

「かぶと山トレッキング」:
ユウは遠足の前日におたふくかぜになり、熱は下がったがとざん遠足を休むことになった。
彼女は弟のコウを誘い、家の二階へととざん遠足をすることにした。
大人になったユウは、コウとともに登山をしていて、子供のときのことを思い出していた。

「9時から5時までのチャコ」:
午後9時、彼に振られたチャコ、そのあとも一人で居酒屋で飲んでいた。
彼女はたまたま隣に座っていた男のビールを倒してしまい、彼のズボンを汚してしまう。
たまたま出会ったその男は、チャコに妻の置き土産だといって和菓子を差し出す。

他、全6篇収録。


感想・みどころ

最初の3つは、間取りまんが(?)。
それぞれの間取りを舞台に、物語が進む(!?)。

「適正距離」の佐和子が住んでいる間取りは本当に変。
玄関を入ってすぐ左のドアは洗面所、風呂、トイレへとつながるドア。

玄関正面の廊下はまっすぐ続いたあと、左に曲がり、突き当たりに行って左手にキッチン、
右側にあるドアの先には8帖の部屋がある。

佐和子は世って帰ってくると部屋にたどり着く前に、
このL字型に曲がっている廊下の途中で寝てしまう。

酒癖も悪く、道端の植え込みで吐いてしまうこともある佐和子。
ある夜に自宅のマンションの前の植え込みに吐いていたとき、
近くの居酒屋で働いている男に声をかけられる。

「21歩か…………」

2012-07-08(Sun)

渡辺ペコ(原作:金原ひとみ)『蛇にピアス』


蛇にピアス (クイーンズコミックス)蛇にピアス (クイーンズコミックス)
(2004/12/16)
金原 ひとみ、渡辺 ペコ 他

商品詳細を見る


あらすじ

日常の生活にどこか退屈さ、居心地の悪さを感じているルイ。
彼女はある夜、顔中ピアスだらけで、舌(スプリットタン)が裂けているの男、アマに出会う。

スプリットタンをやってみたいかと訊かれ、やってみたいと答えたルイ。
ルイはアマの家にそのまま転がり込む。

ルイは舌にピアスを空けるために、アマの知り合いで、彫師もしているシバを紹介される。
ピアスをあけたあとで、ルイはシバに刺青を彫ってもらう約束をする。

ある日の夜、友人とアマといっしょに街を歩いていたルイたちは、チンピラに絡まれる。
逆上したアマは、そのチンピラの一人をボコボコにする。

刺青のデザインについて相談しにシバの店に訪れたルイ。
そこでルイは、シバと関係を持つ。

ある日、新聞を見たルイは、アマがボコボコにした男の死亡記事を目にする。


感想・みどころ

毎日の生活に実感が湧かなかったルイ。
アマとの出会いによって生活が変わる。

ルイはシバにピアスをあけてもらう。
さらに背中に刺青を彫ってもらう。

ピアスをあけるにしても、刺青を彫るにしても、そこには痛みを感じる。
その痛みが、ルイに生きている実感を与えたのだろう。

生活に実感を取り戻していたかのように見えたルイだったが、
アマの事件によって再び生活は一変してしまう。

「やってみたい」

2012-07-07(Sat)

松田奈緒子『スラム団地』


スラム団地スラム団地
(2009/01/21)
松田 奈緒子

商品詳細を見る


あらすじ

1970年代、日本各地にいくつも団地が作られた。
なおこの一家はそれまで住んでいた家から、団地に引っ越してきた。

まずその大きさに驚き、新しさに胸をときめかせる。
自分の部屋ができることに喜び、外にある公園にあこがれる。

団地を舞台に、なおこ一家や彼女の友達との日々が描かれる。


感想・みどころ

なおこの一家は、長女のなおこに次女ののりこ。
のんきで大雑把な母に仲間思いだが借金大魔王の父。

母は働き者だったが、家は貧乏。
というのも、父が友人の連帯保証人になっていたからで、家に借金取りが来ることもしばしば。

また団地には学校の友達もたくさん住んでいる。
みんなで集まって遊んだり、誰かの家で遊んだりする。

いろんな家にはそれぞれいろいろな事情があったりする。
その一方で、どの家もおんなじテレビ番組を見ていたり。

巻末には今の団地の写真のおまけつき。

「でっかーーー!」

2012-07-04(Wed)

オカヤイズミ『いろちがい』


いろちがい (エデンコミックス)いろちがい (エデンコミックス)
(2011/07/14)
オカヤイヅミ

商品詳細を見る


あらすじ

20代(たぶん)、女性、OL。
少し変わったことに興味もあるが、特に目立つわけでもない。

恋人との仲もドライに見えるが、いたって良好。
とりとめのない話や相談をできる友人もいる。

特別大きな波乱があるわけではないが、
何気ない日常(?)の中に、なんともいえないおかしさが潜んでいる。


感想・みどころ

主人公の女性は何事にも動じず、ドライに見える。
そして、ちょっと変なことに興味を持つこともある。

恋人ともうまくやっている。
どこが好きなのかはよくわからないが、
どうやらお互いに好きだとは思っているもよう。

そんな何の変哲も無い日々を描いているのだけど、どこかおかしい。

「ドラマチックじゃなくても
 すごくおもしろいことって、
 けっこうあるんでは、
 と思いながら描きました。」


2012-07-03(Tue)

オノ・ナツメ『not simple』


not simple (IKKIコミックス)not simple (IKKIコミックス)
(2006/10/30)
オノ・ナツメ

商品詳細を見る


あらすじ

父親から恋人を殺してやるといわれた少女。
彼女は近くにいた若い浮浪者を恋人に仕立てて、難を逃れようとする。

その男・イアンを誘って、近くのレストランに行くアイリーン。
アイリーンは暇つぶしがてらイアンにいろいろ質問をする。

イアンの話を聞き、彼が会いたがっている女性が自分の伯母だと分かったアイリーン。
アイリーンは、イアンに伯母が死んだことを告げる。

母にイアンのことを電話で知らせたアイリーンは、
イアンの会いたがっていた女性が自分の母だったことを知る。

だがイアンは、アイリーンの父親の手下たちに殺されてしまう。


感想・みどころ

運の無い男・イアンの数奇な人生を語った作品。

少年時代から決して幸せな人生を送っていたとは言いがたいイアン。
彼の人生は、周囲の人たちによって翻弄され続ける。

不幸な日々を過ごすイアンだったが、
屈託なく、あまりしゃべらないがどこか人懐っこい彼には、不思議な魅力がある。

淡々と、どこかはかなげに、イアンの一生は語られていく。

「ツキの全くなかった男が君のせいで
 さらにそこに落ちたとだけ云っとく。」


2012-07-01(Sun)

オノ・ナツメ『逃げる男』


逃げる男 (Fx COMICS)逃げる男 (Fx COMICS)
(2011/04/14)
オノ・ナツメ

商品詳細を見る


あらすじ

森にはクマが住んでいる。
そのクマは子供にしか見えない。

これは大人たちが子供に話していた話だ。
失恋したある女は、このくまに会えるのかどうか、森の中に入っていった。

森の中のつり橋までやってきた女。
そしてそのつり橋の先に、クマの姿を発見する。

クマの跡を追うようにして森の中に入っていく女。
そして、森の中に小屋を発見する。

小屋の中で一夜を明かすことにした女。
夜中、その小屋に一人の男がやってくる。


感想・みどころ

森に住むクマ。
そしてそのクマとともに暮らす男。

男はなぜ森にやってきたのか。
男はどんな過去を秘めているのか。

男は何から逃げてきたのか。
静かに、語られていく。

「よう
 待ちくたびれた」


プロフィール

ももんが

Author:ももんが
しがない20代男子です。

マンガのジャンルは問わず、いろいろ読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
よろしければクリックをおねがいします

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。