FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-30(Mon)

松田奈緒子『100年たったらみんな死ぬ』上


100年たったらみんな死ぬ 上  (ワイドKC キス)100年たったらみんな死ぬ 上 (ワイドKC キス)
(2008/04/11)
松田 奈緒子

商品詳細を見る


あらすじ

宮澤賢司57歳。
超がつくほどのいい人で、彼の周りの人々には幸運が舞い込んでくる。

長女、百合。
出版社に勤めるが、編集している雑誌の路線変更に不満を感じている。

長男、雷。
第一志望のW大学に落ち、滑り止めのR大学に通うも、引きこもりぎみ。

次女、蕗。
しっかりもので、進学のための学費を貯めようとしている。

宮澤家の面々が繰り広げる、コミカルでちょっとシュールな日々。


感想・みどころ

宮澤家の面々は(雷をのぞいて)みな基本的に明るい性格だが、
それぞれの理由で暗い一面も持っている。

それでもみな、(雷をのぞいて)前向きな性格で、
たくましく、のほほんと生きている。

百合の担当する雑誌の新しい編集長の三田園や、
雷の唯一の親友の名多田といった、
宮澤家以外のキャラクターたちも個性的。

それと、ちょこちょこ変なネーミングが出てくる。
(蕗の通っている高校は親高等学校。)

とにかく、すごいタイトル。

「どんな人間だって
 100年たったらみんな死ぬんだから」


スポンサーサイト
2012-04-28(Sat)

黒田硫黄『セクシーボイスアンドロボ』全2巻


セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)セクシーボイスアンドロボ1 (BIC COMICS IKKI)
(2001/11/30)
黒田 硫黄

商品詳細を見る


あらすじ

喫茶店でテレクラのバイトをする少女、ニコ。
将来の夢はスパイか占い師になること。

将来の夢のために人間観察をするため、
彼女は巧みに声色を使い分け、テレクラに電話をかけてくる人たちを観察していた。

そんな彼女に興味を持ち、話しかけてくる老人がいた。
彼は誘拐反からの電話を彼女に聞かせ、意見を求めてきた。

老人と別れた後、気になったニコは、テレクラに電話をかけてきた男(ロボ)をだまして、
誘拐事件の真相を探ろうとする。

事件を解決した彼女は、その後も老人の相談に乗ることにする。
そして、仕事のときはコードネーム、セクシーボイスと名乗ることにする。


感想・みどころ

ニコは14歳の中学生。
好奇心が強く、頭がさえて、どこか達観しているところもある。

ニコにロボットで買収されたため、そのままのあだ名をつけられたロボ。
うだつの上がらない青年で、事件があるたびに巻き込まれてしまう。

設定もへんてこで、話の筋もへんてこ。
なんだかよくわからないうちに、話が強引に、力強く進んでいってしまう。

ちなみにロボはニコの電話越しの声色の初美に恋をしている。

「セクシーボイス。
 コードネームはセクシーボイスね!!」


2012-04-24(Tue)

豊田徹也『珈琲時間』


珈琲時間 (アフタヌーンKC)珈琲時間 (アフタヌーンKC)
(2009/12/22)
豊田 徹也

商品詳細を見る


あらすじ

オムニバス形式で、コーヒーと関わる話がつづられていく。

チェロ弾きの女性が出会った胡散臭いイタリア男、
探偵の下に現れる依頼者の少年、
容疑社宅へ聞き込みに行くロボット刑事など。

静かな人間ドラマから、ちょっと摩訶不思議な物語まで17篇。


感想・みどころ

コーヒーと関わる物語といっても、
コーヒーそのものについて語られるわけではなくて、
物語の中で、傍らにはコーヒーがある、といった感じ。

人間ドラマから、SFチックなものから、シュールなギャグタッチなものまで、
物語のキャラクターたちはコーヒーを口にする。

『アンダーカレント』に出てきた探偵の山崎も登場する。

「ええやないか5万くらい」

2012-04-23(Mon)

豊田徹也『アンダーカレント』


アンダーカレント  アフタヌーンKCDXアンダーカレント アフタヌーンKCDX
(2005/11/22)
豊田 徹也

商品詳細を見る


あらすじ

関口かなえは両親のあとを継いで、銭湯を経営していた。
婿養子の夫とふたりで切り盛りしていたが、
ある日突然、夫は姿を消す。

人手が足りないため、組合に頼んで紹介してもらうことに。
やってきたのは、堀という男だった。

無愛想で謎が多いが、黙々と仕事をこなしていく堀。
次第に、銭湯になじんでいく。

一方、疾走した夫を探すかなえ。
知人からの紹介で、探偵に依頼することになる。


感想・みどころ

物語の始まりは、結構大きな事件から始まるが、
その後は淡々と話が進んでいく。

日常の小さな事件はいくつか起こるものの、
物語は静かに進んでいく。

見方によっては退屈に思えるのかもしれないが、
物語には静かなドラマチックさが流れている。

かなえが調査を依頼する探偵の山崎や、
町内で変わり者で有名なサブ爺など、脇役も味がある。

「人をわかるってどういうことですか?」

2012-04-22(Sun)

石川雅之『純潔のマリア』②


純潔のマリア(2) (アフタヌーンKC)純潔のマリア(2) (アフタヌーンKC)
(2011/10/07)
石川 雅之

商品詳細を見る


あらすじ

見返るに目をつけられてしまったマリア。
ミカエルはマリアの監視役として、
エゼキエル(人間の姿をしてるけど本当はハト)をマリアの下に置く。

エゼキエルの役目はマリアが魔法を使わないように監視することだが、
マリアが魔法を使うときはアルテミスかプリアポスが手で目隠しをして見させない。

マリアといっしょにいるうちに、
何が正しいのかわからなくなっていくエゼキエルであったが、
マリアの家に放たれる嘆願の矢文の手紙を燃やしていた。


感想・みどころ

ミカエルの代わりの監視役のエゼキエルはハト。
マリアの使い魔のアルテミスとプリアポスはフクロウ。

そんなわけで鳥の姿をしてると
エゼキエルはアルテミスとプリアポスにいじめられる。

マリア以外にも魔女はたくさんいて、戦争に関わっている。
戦争をやめさせようとしているマリアは、
他の魔女たちからしたら厄介者になる。

マリアは神からも他の魔女からも嫌われていて、
苦しむ人々にだけ支持されている。

「みんな
 家に帰ろう」


2012-04-21(Sat)

石川雅之『純潔のマリア』①


純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC)純潔のマリア 1 (アフタヌーンKC)
(2010/02/05)
石川 雅之

商品詳細を見る


あらすじ

中世ヨーロッパ、人々は戦争に明け暮れていた。
魔女マリアは、夜魔サキュバスを使い、戦闘を止めていた。

夜魔だけでなくゴーレムを使って戦闘を止めていたマリアは、
大天使ミカエルに目をつけられてしまう。

マリアに下った神の裁きは、
純潔を失ったときに魔女の力を失うというものであった。


感想・みどころ

『もやしもん』でおなじみの石川雅之の作品。

永きにわたる戦争で、人々は疲弊していた。
神様に救いを求めてお祈りをするが、救いはもたらされない。

そんなわけで、人々は魔女に助けを求める。
苦しんでいる人々を見過ごせないマリアは、
魔女の力で戦争をやめさせようとする。

人々を救おうとしない神(ミカエル)と、
人々を救いたい魔女が対立することになる。

そんなマリアは、男を知らない。
サキュバス(夜、男のベッドにもぐりこみ骨抜きにする)にからかわれ、
挙句の果てに、魔女でいるためには純潔を守り通さなければいけない。

要するに、キリスト教が大事にする処女性を、
対立する魔女が守らなければならない。

「いやだーーー
 処女なんかやっぱとっとと
 捨てときゃよかったーーー」

2012-04-19(Thu)

諏訪緑『三蔵法師の大唐見聞録』②


三蔵法師の大唐見聞録 第2巻 (朝日コミックス)三蔵法師の大唐見聞録 第2巻 (朝日コミックス)
(2012/03/07)
諏訪 緑

商品詳細を見る


あらすじ

五台山めざし旅を続ける玄奘一行。
洛陽で舞台の興行を行った際に、ムンアに再会する。

そこで玄奘はムンアは円測という名の僧侶で、
翻訳者の候補名簿にあった名だとしる。

ウッチはまたもさらわれてしまい、救出に向かう玄奘たち。
だが玄奘の(腕力を使わない)活躍とウッチの不思議な徳により、難を逃れる。

一行は五台山へと再び出発し、その途中で芭蕉洞天の羅刹天女のもとを訪れる。


感想・みどころ

洛陽でやる劇の演目は「三蔵法師」。
三蔵法師役はウッチで、玄奘はサルの役で出演!

本当はめちゃめちゃけんかの強い玄奘だけど、
ウッチとの約束を守ってカウンターでパンチをくらってしまう。
信念が強い(ガンコなだけか?)一面を見せる。

ムンアは還俗した元僧侶ということが判明。
ムンアもどうやら複雑な事情を抱えている模様。

「あの子はそういう子なんです」

2012-04-18(Wed)

諏訪緑『三蔵法師の大唐見聞録』①


三蔵法師の大唐見聞録(1) (あさひコミックス)三蔵法師の大唐見聞録(1) (あさひコミックス)
(2011/06/07)
諏訪 緑

商品詳細を見る


あらすじ

天竺から経典を持ち帰った玄奘は、経典の翻訳作業をしていた。
しかしある日、大切な経典の原文の一部が盗まれてしまう。

盗まれた経典を探す中で玄奘は、
不思議な魅力を持った少年、ウッチに出会う。

盗まれた経典が五台山にあることを知った玄奘は、
ウッチとウッチの世話をする占い師の袁天とともに五台山を目指す。

旅の途中、ウッチがさらわれてしまうが、
玄奘や謎の男ムンアの活躍で難を逃れる。


感想・みどころ

『玄奘西域記』の続編にあたる作品。

経典を持ち帰った玄奘はせっせと翻訳に励んでいた。
(でも相変わらず僧侶には見えない)

性格は変わらず直情的で、人一倍体力がある。
そんでもってやっぱりケンカがめちゃくちゃ強い。

だけど、ウッチは暴力を振るう玄奘に、
暴力を振るわないようにと願う。

いったいウッチは何者なのか。

「――やめてくれ
 オレが悪かった!!
 飛び降りないでくれ
 ――ウッチ」


2012-04-17(Tue)

諏訪緑『玄奘西域記』(文庫版)全2巻


玄奘西域記 (1) (小学館文庫)玄奘西域記 (1) (小学館文庫)
(2000/01)
諏訪 緑

商品詳細を見る


あらすじ

人格者で徳の高い僧侶ぼ長捷は、
天竺へと仏教の経典を取りに行く旅に出る。

その長捷の通訳兼護衛としてともに旅に出た弟、
その名は玄奘。

長く険しい旅は困難の連続。
そしてそのたびの途中で出会う友、ハザク。
うさんくさい現実主義の僧侶、プラジュニャーカラ。

旅を続ける玄奘たちであったが、
取経の目的を果たす前に、長捷は亡くなってしまう。

玄奘は長捷の遺志を継ぎ、取経をすることに。


感想・みどころ

西遊記でおなじみの三蔵法師こと玄奘。
徳の高い神秘的な焦慮というのが一般的だけど、
このマンガの玄奘は長髪で、体力と語学力がとりえの、
僧侶らしくない僧侶(ケンカがとにかく強い!)。

それに対して長捷は、
一目見ただけで誰もが高い徳を持っているとわかるような僧侶。
(こっちのほうが三蔵法師っぽい)

困難があったり、旅の共とぶつかったりしながらも、
玄奘は少しずつ成長しながら、天竺に向かっていく。

主教のために修行を積む玄奘であったが、
やがて天竺のゴタゴタに巻き込まれることに。

「………うむ
そう…かもしれんな
気をつけよう」


2012-04-16(Mon)

吉田秋生『海街diary④ 帰れないふたり』


海街diary 4 (flowers コミックス)海街diary 4 (flowers コミックス)
(2011/08/10)
吉田 秋生

商品詳細を見る


あらすじ

幸の不倫現場を目撃してしまったすず。
尾行して様子を伺うが、複雑な思いを抱く。

学校に行ったはずの裕也が行方不明に。
裕也は義足が合わなくなって、新しい義足に替えなくてはいけなくなっていた。

すずと風太は次第に仲良くなっていく。
クリスマスの日、ふたりはデート(大仏を見に行く)する。

山猫亭のしらすトーストを食べたすずは、
父ガ同じものを作ってくれたことを思い出す。
幸はヤスといっしょに夕食を食べ、久しぶりにおいしいご飯を食べた、と思う。


感想・みどころ

幸の不倫現場を尾行したすずであったが、
すずは両親が不倫した結果生まれた。
不倫は悪いことだとわかっていても、
その悪いことによって生まれたすずは、複雑な思いになってしまう。

風太のことが少しずつ気になりだしたすず。
風太は前からすずのことが好きだった。

風太はちょっとあほなとこもあるけれど、
根が優くていいやつ。

裕也がいなくなったときも、裕也の気持ちをよく考えて行動する。
気休めを言ったりせずに、人の話を黙って真剣に聞いてくれる。
すずは風太のそんなところに、きになりだしているようだ。

「おれは浅野がこの世に生まれてくれて
よかったって思ってるから」


2012-04-15(Sun)

吉田秋生『海街diary③ 陽のあたる坂道』


海街diary 3 陽のあたる坂道 (フラワーコミックス)海街diary 3 陽のあたる坂道 (フラワーコミックス)
(2010/02/10)
吉田 秋生

商品詳細を見る


あらすじ

父の一周忌。4人は再び河鹿沢温泉に訪れる。
しかし陽子は既に別の男性の子供を身ごもっており、姿はなかった。
その一方で、陽子の息子の和樹だけは残って暮らしていた。

裕也のことが気になるすず。
だが、花火大会の当日、知らない女の子と待ち合わせしている裕也を見てしまう。

その裕也は、試合形式の練習に参加できるほどに回復。
病気前のプレーを知るチームメイトたちは、
前みたいなプレーはできないことあらためてを知りショックを受けるが、
風太だけは違った反応を示した。

同じ病院に勤める医師の椎名と不倫している幸。
二人の間にも転機が訪れる。


みどころ

さっさと新しい男のもとにいった陽子に激怒するすず。
その陽子の話を聞いたときに怒りを示さなかった幸にも激怒する。
だが和樹の姿を見て、自分に激怒する資格があるのかと自問自答する。

裕也のプレーにショックを受けるチームメートに対し、
ひとり平然と受け止められた風太。
風太は矛のチームメイトには気づかなかったことに気づいていた。

その風太の気づきを聞いて、
監督のヤスは指導者としての自分のふがいなさを知って落ち込む。
そんな時、幸を誘って風太の実家の居酒屋(夜はバー)でちょっと愚痴る。
(そして幸の話を聞き終わる前に日本酒一杯で寝てしまう)

一方佳乃は、あまりいい印象を持っていなかった上司(美帆の兄)の
仕事にへの取り組み方に少し好感を持つ。

「「嫌い」は「好き」よりずっと早く
伝わってしまうのかもしれない」


2012-04-12(Thu)

吉田秋生『海街diary② 真昼の月』


海街diary 2 (フラワーコミックス)海街diary 2 (フラワーコミックス)
(2008/10/10)
吉田 秋生

商品詳細を見る


あらすじ

鎌倉での生活にもだいぶ慣れてきたすず。
その登校途中に、佳乃の恋人(だった)藤井朋章の姿を見かける。
すずは謎のある朋章の正体を探ろうとする。

湘南オクトパスと他チームの試合中、
すずは相手選手のラフプレーで顔を負傷する。
男子との体格差を感じ始めたすずは、サッカーをやめようかと悩む。

湘南オクトパスのエース、多田裕也。
病気で右足を切断した裕也が、チームに戻ってきた。
すずたちは裕也の失ったものの大きさを知る。

幸たちの祖母の七周忌。
一周忌と三周忌には来なかった母が出席することに。
幸たちの前にやってきた母は、鎌倉の家を売らないかと言い出す。


感想・みどころ

裕也はチームのエースで、そのプレースタイルから「牛若丸」のあだ名がついたほど。
だけど利き足を失って、以前のようなプレーはできなくなった。

その裕也のことを、GKの美帆は好きで、
すずも気になっている。

チームの新主将の風太は、すずのことが気になるが、
裕也とすずの関係が気になる。

と、まぁちょっとごちゃごちゃしていく。

家を売ると言い出した母に真っ向から反対する幸。
身勝手な母だが、それでも祖父の娘であり、
自分たちの母なのだということも実感する。

「…ごめんなさい…
 うちのお母さんのことごめんなさい…」


2012-04-11(Wed)

吉田秋生『海街diary① 蝉時雨のやむ頃』


海街diary 1 蝉時雨のやむ頃海街diary 1 蝉時雨のやむ頃
(2007/04/26)
吉田 秋生

商品詳細を見る


あらすじ

香田家の三姉妹の次女、佳乃は恋人の藤井朋章の部屋で目を覚ます。
携帯電話を確認し、姉の幸に電話すると、
離婚して家を出て行った父が死んだと知らされる。

離婚の2年後、三姉妹の母は娘たちを祖母に預け再婚し、
祖母も亡くなった現在、三姉妹は祖母の家で暮らしていた。

父の葬儀には佳乃と三女の千佳だけが行くことに。
父が最期に暮らした地、山形の温泉街の駅で、
佳乃と千佳は腹違いの妹の浅野すずに出会う。

すずの実母は亡くなっており、
喪主である父の3人目の妻、陽子と暮らすことになっていた。

佳乃と千佳は通夜の直前に陽子の叔父から、経済的な事情で、
相続権を放棄してほしいと告げられる。

次の日の告別式に、こないはずだった幸が現れる。
告別式も終わり、鎌倉に帰る三姉妹を見送るすずに、
幸は鎌倉で一緒に暮らさないかと提案する。


感想・みどころ

しっかりもので少し性格のきつい長女の幸。
酒豪で「恋の狩人」の次女の佳乃。
マイペースでちょっと変わった三女の千佳。

香田三姉妹からしてみればすずは妹でもあり、
父親を奪っていった女の子供でもある。

親(大人)の事情に振り回されたということでも共通する、
4人を結びつける絆は、父との思い出だった。

すずは鎌倉に引っ越すと、少しずつ幸たちと打ち解けていく。
また、かつてやっていたサッカーを再開し、
地元のサッカーチーム、湘南オクトパスに加入する。

家族や友人や恋人の絆や隙間を、
丹精に描いた作品。

「あたしたちといっしょに暮らさない?」

2012-04-10(Tue)

岡野玲子(原作:夢枕獏)『陰陽師 玉手匣』①


陰陽師 玉手匣 1 (ジェッツコミックス)陰陽師 玉手匣 1 (ジェッツコミックス)
(2011/12/28)
岡野玲子

商品詳細を見る


あらすじ

晴明が帰ってくる。
マキモノも真葛も心をときめかせていた。

真葛が玉手匣から取り出した物語。
その物語は、不思議な、
そして現実の世界と行き来しながら語られる。

一方、晴明と真葛の息子の若子も大きくなっていた。
好奇心いっぱいの若子は、東寺へと足を踏み入れる。
(ということが、真葛の手にしていた物語から語られる)

感想・みどころ

あらすじでは晴明があんまり出てこないよう書き方だけど、
ちゃんと出てくる。

屋敷に帰ってきて博雅と酒を酌み交わしたり、
1話目で真葛から語られた物語に出てくる暗闇丸に出会ったりする。

相変わらず博雅はちょっと間抜けなところがあって、
とってもいいやつ。

話は真葛の物語から時間軸上で現在のことが語られていく。
後半からはもっぱら若子の物語になる。

「ご苦労さま
 おかげで無事に戻れたよ
 大和にお帰り」

2012-04-09(Mon)

岡野玲子(原作:夢枕獏)『陰陽師』全13巻

陰陽師 (1) (Jets comics)




あらすじ

時は平安時代。
一見華やかに見える京の都には、
魑魅魍魎が跋扈していた。

その時代に活躍した男、
陰陽師、安倍晴明。

京の都で魑魅魍魎たちが引き起こすさまざまな怪事件を、
晴明は次々に解決してゆく。


感想・みどころ

まず特筆すべきは、
作品を彩る、個性的なキャラクターたち。

常に冷静沈着で、よほどのことでもない限り表情一つ変えない晴明。
だがその性格はお茶目(というか意地悪?)なところもある。

晴明の親友、源博雅が晴明の屋敷にやってくるたびに、
晴明は式神を使って博雅をからかう。

その博雅は生真面目で、情にもろい(よく泣いている)。
よくからかっているが、晴明は博雅のことをいいやつだと思っている。
(たぶん晴明が心を許せる友人は博雅ぐらいなものなのだろう)

晴明同様、博雅をしばしばおもちゃにする晴明の妻、真葛。

そして晴明のライバル、道満。

さらには、絵の世界観がすごい。
1話目の百鬼夜行の光景には驚かされるし、
茶碗や琵琶や巻物に足が生えて歩き回る描写なんかは、見てて面白い。

話の内容は、はっきり言って難しくてよくわからないところもある。
(資料や付録でいろいろ説明されてはいます)

それでも、読めば読むほど、流麗な絵に、
『陰陽師』の世界に、引き込まれていく。

「だが…
 おれはこうしてはおれぬな
 こうしてはおれぬ…」
2012-04-08(Sun)

五十嵐大介『海獣の子供』④

海獣の子供 4 (IKKI COMIX)




あらすじ

海の中で、うたと隕石と交じり合う琉花。
琉花の特別な力は、元海女の母、加奈子に由来していた。

加奈子とデデは消えた琉花と海を探すため、
ヨットに乗って旅に出る。

体内に空から託された隕石を宿している琉花。
体の中に空がいるのを感じている琉花と海。
2人の意識は海の底へと向かう。

海と空に魅せられたジムとアングラード。
ともに研究をしていた2人だったが、
6年前の南極での出来事が、2人を別れさせた。


感想・みどころ

次第に明らかになっていくキャラクターたちの過去。

海が自分の名前を呼んでいたのが聞こえていた加奈子。
あるときを境に、その声は聞こえなくなる。
最後に聞こえたのは「るか」という声だった。

南極の海にもぐったアングラード。
そこでの鯨の“ソング”の体験。
これが、ジムとアングラードが別々のやり方をする決定的な要因になる。

空から託された隕石を体内に宿した琉花。
いったいどうなってしまうのか。

「僕たちは誕生の物語の中にいる」

2012-04-07(Sat)

五十嵐大介『海獣の子供』③

海獣の子供 3 (IKKI COMIX)




あらすじ

空は、海の中に消えていった。
琉花は体内に隕石を託され、消え行く空を見届けた。

琉花と空はアングラードとともに、
船に乗って旅に出る。

海にもぐった琉花は、
空と海、そしてジムとアングラードの過去を知る。


感想・みどころ

空から託された、琉花の体内にある隕石。
それが琉花に使命を与え、旅立たせる。

琉花の意識だけ(魂だけ)が肉体を離れて、
海の中をさまよって、いろいろな魚たちの姿を見る。
最後は改定に落っこちてしまうのだけど、
それを海が拾い上げてくれる。

という、「魂落とし」の描写が、すごい。
頭だけの琉花に迫り来る魚達。
そして魚達の生死のドラマを目の当たりにする琉花。

「「次は海くんの番だ」って、
 空くんの声が…」


2012-04-06(Fri)

五十嵐大介『海獣の子供』②

海獣の子供 2 (IKKI COMIX)




あらすじ

南からやってきた台風。
その台風は海の生まれた海の魚たちを連れてきた。

そしてその台風は、忽然と姿を消した空も連れてきた。
(だがすぐにまた姿を消す)

琉花と海は空を捜し求めて、
ジムのかつての相棒の、
アングラードのもとへ行く。


感想・みどころ

ジムと言うのは空と海の身元保証人(?)の海洋学者で、
空と海の特異な体質を研究しているじいさん。

アングラードは若き天才海洋学者。

海と空の運命はどうなるのか、
魚達が消えることとの関連は何なのか。

そして、琉花にはどんな運命が待っているのか。

「わたしがしなくちゃいけない事がある」


2012-04-05(Thu)

五十嵐大介『海獣の子供』①

海獣の子供 1 (IKKI COMIX)




あらすじ

夏休みの初日、琉花は部活で友達に怪我をさせてしまい、
次の日から来なくていいと言われる。

行き場をなくし、時間をもてあました琉花は、
ジュゴンに育てられた少年、海と空に出会う。

特異な体質を持つ海と空、
そして海と空と通じ合う琉花。

一方世界中の水族館では、
取る前魚が消えるという奇妙な現象が起きていた。


感想・みどころ

世の中には科学で説明できないものがまだたくさんある。
それらはたとえば口頭伝承や、言い伝えや神話、民謡やおまじないなど、
さまざまな形で現代に残っている。

これらの、言葉で説明のつかないようなものと、
まだ科学で完全に解明されていないもの、
海や宇宙なんかは、どこかで響きあうものなのかもしれない。

このようなものに対して、子供は敏感なのかもしれない。
大人にはみえないもの、聞こえないものを、
子供は知覚しているのかもしれない。

海と空と出会うことによって、彼女の特別な力が覚醒されていく。
主人公の琉花は中学生(1年生か2年生)。
子供と大人の間の微妙な時期。

「長い長い長い夏休みが始まる」

2012-04-04(Wed)

川原泉『コメットさんにも華がある』

コメットさんにも華がある (ジェッツコミックス)




あらすじ

○○があるシリーズ第2弾!

「その理由には無理がある」:
佐倉水樹は、入学直後に同じ名前の男子生徒の花村瑞紀と親友になる。ある日、掃除のときに佐倉さんは花村君に水をかけられてしまい、花村君の学生服を着て過ごすことになる。一方生徒会長の不破一せいは、男子生徒を惑わす男子生徒、花村瑞紀に興味を持った。

「その科白には嘘がある」:
月島水音はある日階段で転んで頭を打ち、幽霊が見えるようになった(ちなみに家賃の安い幽霊の出る部屋に住んでいる)。臨時教師で来た神城理人は、見た瞬間に「フラッシュ・ゴードン」のテーマ曲が鳴り響くほどの、強い守護霊がついていた。

「グレシャムには罠がある」:
山吹みちるはお金がない。というのも、入学当時はお金持ちだったのだが、父親の経営する会社が業績不振に陥り、両親が夜逃げしてしまったからだ。クラスメイトの陣内斎は名門の家柄の超セレブで、その上本物のジェントルマン。ある日山吹さんは陣内君に、お弁当と引き換えに自分の部下になれと言われる。

「コメットさんにも華がある」:
彬良航は実力派若手俳優。席替えで後ろの席になった真島紗矢は黒髪ストレートの表情の少ない女の子。真島さんは彬良君が俳優ということを知らなかった(好きな映画はゾンビ映画)。


感想・みどころ

幽霊が見えるようになって最初はビビッた月島さん。
だけど割と肝の据わっているタイプだったため、
すぐに幽霊たちとも打ち解けてしまう。

自縛霊に取り憑かれたりして頭が痛くなっても、
別に実害が無いからといって気にしない。
(頭がいたいのはもちろん実害)

真島さんはほとんど表情に変化が無いけど、
落ち込んでいるときには目が真っ黒に、
大好きなゾンビについて語るときには目に光がともる。

読み返してみると、目が真っ黒の真島さんがちらほら。
そんなことに注意してもう一回読み返せる。

「私に 何でも御下命を!
 どんな問題でも忠実に解決してみせましょう
 金の力で」


2012-04-03(Tue)

川原泉『レナード現象には理由がある』

レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)




あらすじ

私立・彰英高校は県下でも指折りの
全国でも有数の超・進学校で
――つまりは偏差値が高い

「レナード現象には理通がある」:
蕨よもぎは(彰英高校では)成績はよくないが、なでると治癒できるという特殊能力を持っていた。飛島穂高はほとんど努力もせずに勉強も運動もできてしまう超天才だが、人として何かが欠けていた。

「ドングリにもほどがある」:
亘実咲は精神的な軽業師。ある日のテストで全体順位もクラス順位も真ん中を取って、「すごいぞ!」と思う。同じ順位をとった人を探したところ、同じクラスの友成真一郎だった。普通の人間同士だと喜ぶ亘さんだったが、友成君にはある秘密があった。

「あの子の背中に羽がある」:
保科聡真は柔道部の主将。I・H出場は惜しくも逃し、部活を引退。ある日、隣の家に引っ越してきた小学6年生の女の子、若宮遥に会ったときに、背中に羽が見えた(ちなみに野村忠宏がアテネ五輪で3連覇したときにも背中に羽が見えた)。

「真面目な人には裏がある」:
日夏晶は何よりも円滑な人間関係を重視するタイプ。席替えで隣の席になったのは「軟派の塔宮」「タラシのたっくん」のあだ名を持つ塔宮拓斗。入学当時は真面目でさわやかだった塔宮が変わったのには、ある理由があった。


感想・みどころ

高偏差値の高校で繰り広げられる、
インテリジェンスでちょっと間抜けな、男女の恋愛(?)物語。

キャラクター達は明るかったり能天気だったりと、
くよくよ悩んだりすることがなく、
からっと晴れた空のよう。

ところどころに入る笑いの要素と、
それに対するナレーション(作者?)のつっこみがさえまくる。

どの話も何かしら問題が起こって、
なんだかんだで解決して、
そんでもって2人は仲良くなりました、っていう流れ。

そんなに簡単にうまくいくの!? とか思いながらも、
妙な説得力があって、なぜだか納得してしまう。

「平凡じゃない
 平凡じゃない
 全然平凡じゃない!!」
2012-04-02(Mon)

今市子『百鬼夜行抄』(文庫版①~⑫)(単行本①~⑳)

百鬼夜行抄 1 新版 (ソノラマコミック文庫 い 65-5)




あらすじ

妖魔たちとともに暮らす飯嶋家の出来事を描いた物語。

主人公の飯嶋律は、飯嶋家の血筋で、妖魔が見える。
(霊感が強くて、トラブルに巻き込まれやすかったりする)

律の祖父、飯嶋蝸牛(ペンネーム)は怪奇幻想小説家で、
妖怪や道教や陰陽道の研究家でもあった。
(律が幼い頃に亡くなった)

律の霊感の強さは祖父譲りで、
律は蝸牛に妖魔のことを教わっていた。

律の父の孝弘は、律が4歳のとき心臓発作で一度死んだのだが、
数時間後に生き返った。
だが実際には、蝸牛が式神の青嵐に律を守ると言う命令を与え、とりつかせている。
(孝弘の肉体は死んでいるのだが、
青嵐が取り付いて肉体を操っている)

律やいとこの司や晶(二人とも女性)たち人間と、
妖魔たちの日々を描いた物語。

感想・みどころ

キャラクターたちはみなひと癖もふた癖もある人物と妖魔たちばかり。

青嵐は律を守る使命を帯びているが横柄で、しかも大食らい。

司は美人だが無愛想。
酒豪で、たびたび酒を飲む場面が描かれる。
(酒を飲むとよく笑ってるような気がする)

明は明るい性格だが、つらい過去も持っている。
とっくに死んでいるはずの三郎や、
インチキ霊能力者の八代と恋に落ちたりする。

ひょんなことから律の使い魔になるカラス天狗の
尾白と尾黒は律に従順だが、ちょっと頼りない。

しっかりものの祖母に、陽気な(能天気な)母。
(律の父は婿養子。母は霊感が強くないようにみえるが…)

こんな人物や妖魔たちとの日々がコミカルに、
ちょっぴり怖く、描かれていく。

「あの晩妖鬼から自由になった彼女は
 般若のように美しかった」


単行本では20巻まで出てます↓

眠れぬ夜の奇妙な話コミックス 百鬼夜行抄20 (ソノラマコミックス)


2012-04-01(Sun)

渡辺ペコ『にこたま』③

にこたま(3) (モーニングKC)




あらすじ

卵巣腫瘍が見つかって手術することになったあっちゃん。
もしかしたら子供が産めなくなってしまうかもしれない。

検査のために産婦人科に訪れたあっちゃんは、
同じく検査に来ていた高野さんと偶然出会う。

あっちゃんの病気は皮様のう腫という、
主要の中に髪の毛や骨など人のパーツが入っている病気だと告げられる。

入院したあっちゃんに面会に来た晃平は、そこで高野さんに出会う。
そしてそこにあっちゃんもやってきて、3人が一同に顔を合わせる。

あっちゃんの手術は無事成功。
あっちゃんは腫瘍の中に入っていたものをとっておいてもらい、
後日、お墓の木の下にそれを埋める。

一方高野さんは、弁理士事務所をやめる。


感想・みどころ

よそで子供を作った晃平に対して、
もしかしたら子供が産めなくなるかもしれないあっちゃん。

腫瘍の中身はあっちゃんにとっては子供のようなものなのかもしれない。
ビンに入れてテレビの横においてあるのを見て、
晃平ははっきりとではないが拒絶してしまう。

晃平とあっちゃんは、晃平の知らないうちに少しずつ温度差が出てきていた。

今回のむるたんは晃平にアドバイスをしてくれる。

「早く火を止めないと
 煮詰まってしまう」

プロフィール

ももんが

Author:ももんが
しがない20代男子です。

マンガのジャンルは問わず、いろいろ読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
よろしければクリックをおねがいします

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。