FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-06(Wed)

沙村広明『シスタージェネレーター』


シスタージェネレーター 沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)シスタージェネレーター 沙村広明短編集 (アフタヌーンKC)
(2009/09/23)
沙村 広明

商品詳細を見る


あらすじ

「久誓院家最大のショウ」:
3年前に母親が死に、父親と二人暮らしになった馨。
だが、1年前に家政婦の佐帆がやってきた。
父親と佐帆の距離の近さに嫌悪感を抱く馨。
父はまた、かおるのさまざまな姿をビデオに撮り、しばしば馨を怒らせていた。

「ブリギットの晩餐」:
ストリートの孤児のブリギットは、いっしょにいた兄に死なれる。
見知らぬ男に拾われ、孤児のオークションに出され、ツヴァルトグリフ家に買われる。
そこでブリギットに与えられた仕事は、包帯だらけの男と夕食を共にすることだった。

他、女子高生が主人公の連作短編「制服は脱がない」、
西部劇マンガ「エメラルド」など、全6編収録。


感想・みどころ

「久誓院家最大のショウ」の馨は、父親と佐帆の関係が気に食わない。
それは、母親への思慕や、母以外の女性と親しくする父への嫌悪感ではなく、
何かよくわからない、もっと違った感情からだ。

「久誓院家最大のショウ」や「ブリギットの晩餐」など、少し怖い作品もあれば、
「制服は脱がない」のようなちょっとコミカルな作品もあれば、
「エメラルド」のような、アンチ・ヒーローものまである。

結構バラエティーに富んだ作品集。

「ああ
 お腹いっぱいで
 眠い――」


スポンサーサイト
2012-06-05(Tue)

沙村広明『おひっこし』


竹易てあし漫画全集 おひっこし (アフタヌーンKC)竹易てあし漫画全集 おひっこし (アフタヌーンKC)
(2002/06/19)
沙村 広明

商品詳細を見る


あらすじ

遠野禎はゼミの先輩の赤木真由のことがすき。
赤木さんには彼氏がいるが、大学を卒業して海外に行ってしまった。

禎と同じゼミの幼馴染の小春川玲子は、同じゼミの木戸草介と付き合っている。
それぞれ別々のバンドを組んでいる小春川と草介は、ある日対バンする。

そのライブの打ち上げで貞は、赤木さんをデートに誘い、二人は動物園に行く。
そのお返しに、貞は赤木さんの地元の友人の連れてきた男(イタリア人)と飲み比べをすることに。

そのイタリア人、バローネ・アッサシーノは、母をおいて日本に帰った父親に復讐するために、
亡き母のためにもと、ひとりで日本に来ていた男だった。

だが、父はすでに死んでいて、バローネは何のために日本に来たのか分からなくなっていた。
日本で働くことにしたバローネは、経歴を偽り、禎たちの通う大学の講師となった。

表題作のほか、女性漫画家の数奇な半生を描いた「少女漫画家無宿 涙のランチョン日記」、
作者の京都紀行の「みどろヶ池に修羅を見た」を収録。


感想・みどころ

貞は赤木さんのことが好きで、小春川は禎のことが好きだが言い出せない。
というようなことが物語の大きな筋のようだ。

なんだけど、ちょこちょこ話が脱線する。

小春川のバンド、くるくるパパの曲の歌詞をわざわざ載せたり、
動物園の動物のデータをロールプレイングゲームのモンスターのデータみたいにしたり、
バローネの過去の話とか、父親が「例の事件」(何?)で死んでいたりする。

変なところで細部が細かかったりして、
で、結局何の話だったっけ? となることもしばしば。

でもそこがおもしろかったりする。

「何を切る?」

2012-05-05(Sat)

沙村広明『ハルシオン・ランチ』②


ハルシオン・ランチ(2) <完> (アフタヌーンKC)ハルシオン・ランチ(2) <完> (アフタヌーンKC)
(2011/09/07)
沙村 広明

商品詳細を見る


あらすじ

メタ子の部屋に厄介になる元とヒヨス。
そこに、元の息子の隆太がやってくる。

そしてヒヨスの姿は、亡くなった元の義娘、安芸良だということがわかる。
ヒヨスのナビゲーターは、隆太のために安芸良の擬似人格を作り出す。

一方、元への借金の返済のため、八戸に向かった進次とトリアゾ。
だがそこで、謎の潜水艦に拉致されてしまう。

着いた先は独裁国家で、トリアゾは妾とされる。
進次は捉えられたが脱走し、レジスタンスとともにクーデターをもくろむ。


感想・みどころ

そもそもこの漫画の主人公である元の目的は、
進次からお金を取り戻し、別居中の家族と再び暮らすことだった。

だけどそこにヒヨスが現れて、なんやかんやでめちゃめちゃなことになっていく。
というより、読んでて結局何がしたいんだったっけ? ってなることも。

2巻では1巻にもまして時事ネタと毒のあるギャグが増えていく。
それに対して(?)ヒヨスはあんまりはかなくなっていく。

ストーリーはかなりとっぴ立ったりする。
(いきなり400年とか経過しちゃったりする。)

ヒヨスとトリアゾの仲間の、メタ子にそっくりなエンタニルも出てくる。

「これ作ってた
 これ作ってた」


2012-05-04(Fri)

沙村広明『ハルシオン・ランチ』①


ハルシオン・ランチ 1 (アフタヌーンKC)ハルシオン・ランチ 1 (アフタヌーンKC)
(2010/03/05)
沙村 広明

商品詳細を見る


あらすじ

会社が倒産し、ホームレスになった化野元。
川で魚釣りをしているとき、彼の前に謎の少女、ヒヨスが現れる。

宇宙からやってきたヒヨスは、箸でつまんだものを、何でも食べてしまう。
(元の荷物も食べられてしまう。)

そこにチンピラがやってきて、元はからまれてしまうが、
ヒヨスはチンピラたちを食べてしまう。

食べたものは吐き出せば出てくるのだが、
食べたものが全て混ざった状態で出てきてしまう
(元の荷物、リアカー、魚、ザリガニ、チンピラたちが合わさった状態で出てくる)。

元は、経営していた会社の金を持ち逃げした沖進次の所在を突き止め、
ヒヨスと、成り行きでついてくることになったメタ子と共におとずれる。

進次の元を訪れると、ヒヨスの仲間のトリアゾがいた。


感想・みどころ

箸でつまんでしまえば、なんでも食べちゃうヒヨス。
元は「この世で勝手に食ってもいいモノ」リストを渡す
(廃墟とかも入ってます)。

ひょんなことからヒヨスの「保護者」となってしまった元。
ヒヨスは基本的には元の言うことを守って食べるが、
8時間何も食べさせないとバーストし、保護者(元)が食べられてしまう。
(実際1回だけ食べられてしまう。)

本来なら行動の指針を与えるナビゲーターが首の後ろについているのだが、
何かの理由でナビゲーターがついていなかったヒヨス。

ナビゲーターはしかたなく死にかけのの野良犬に寄生する。
ヒヨスが食べれば何とかなるかと思ったが、何とかならず、
哀れな姿で吐き出される。

経営者体質でヒモ体質の元、理系オタのメタ子、女たらしの進次と、
人間たちも癖のあるキャラばかり。

「どーしたらいいんですかね……?」

プロフィール

ももんが

Author:ももんが
しがない20代男子です。

マンガのジャンルは問わず、いろいろ読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
よろしければクリックをおねがいします

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。