FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-24(Tue)

豊田徹也『珈琲時間』


珈琲時間 (アフタヌーンKC)珈琲時間 (アフタヌーンKC)
(2009/12/22)
豊田 徹也

商品詳細を見る


あらすじ

オムニバス形式で、コーヒーと関わる話がつづられていく。

チェロ弾きの女性が出会った胡散臭いイタリア男、
探偵の下に現れる依頼者の少年、
容疑社宅へ聞き込みに行くロボット刑事など。

静かな人間ドラマから、ちょっと摩訶不思議な物語まで17篇。


感想・みどころ

コーヒーと関わる物語といっても、
コーヒーそのものについて語られるわけではなくて、
物語の中で、傍らにはコーヒーがある、といった感じ。

人間ドラマから、SFチックなものから、シュールなギャグタッチなものまで、
物語のキャラクターたちはコーヒーを口にする。

『アンダーカレント』に出てきた探偵の山崎も登場する。

「ええやないか5万くらい」

スポンサーサイト
2012-04-23(Mon)

豊田徹也『アンダーカレント』


アンダーカレント  アフタヌーンKCDXアンダーカレント アフタヌーンKCDX
(2005/11/22)
豊田 徹也

商品詳細を見る


あらすじ

関口かなえは両親のあとを継いで、銭湯を経営していた。
婿養子の夫とふたりで切り盛りしていたが、
ある日突然、夫は姿を消す。

人手が足りないため、組合に頼んで紹介してもらうことに。
やってきたのは、堀という男だった。

無愛想で謎が多いが、黙々と仕事をこなしていく堀。
次第に、銭湯になじんでいく。

一方、疾走した夫を探すかなえ。
知人からの紹介で、探偵に依頼することになる。


感想・みどころ

物語の始まりは、結構大きな事件から始まるが、
その後は淡々と話が進んでいく。

日常の小さな事件はいくつか起こるものの、
物語は静かに進んでいく。

見方によっては退屈に思えるのかもしれないが、
物語には静かなドラマチックさが流れている。

かなえが調査を依頼する探偵の山崎や、
町内で変わり者で有名なサブ爺など、脇役も味がある。

「人をわかるってどういうことですか?」

プロフィール

ももんが

Author:ももんが
しがない20代男子です。

マンガのジャンルは問わず、いろいろ読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
よろしければクリックをおねがいします

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。