--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-08-05(Sun)

浅野いにお『おざなり君』


おざなり君おざなり君
(2012/04)
浅野 いにお

商品詳細を見る


あらすじ

(株)村上商事に勤める若い会社員のおざなり君。
「最近の若い社員」のおざなり君は、社会的な常識に欠けている。

おざなり君の上司はやぶさか部長。
おざなり君の理不尽な暴力に会ってばかりいる。

おざなり君になめられっぱなしで、暴力を振るわれっぱなしのやぶさか部長であったが、
彼はその昔、ペリー浦賀とリトルヒバゴンズのドラムであった。


感想・みどころ

毎回毎回理不尽な暴力を振るうおざなり君。
そしてそれをひたすら受け続けるやぶさか部長。
だが、やがてやぶさか部長はおざなり君に対する気持ちに気づく。

今はさえないやぶさか部長であったが、かつてはロックバンドのドラムであった。
ペリー浦賀とリトルヒバゴンズはヴォーカルのペリー浦賀のカリスマ性もあって人気であったが、
ペリー浦賀の自殺によりバンドは解散してしまう。

バンドの解散を機に今の会社に就職したやぶさか部長。
一方、おざなり君はペリー浦賀とリトルヒバゴンズの熱狂的なファンだった。

「顔にスカイフィッシュがとまってたもんで。」

スポンサーサイト
2012-08-03(Fri)

五十嵐大介『はなしっぱなし』上下


はなしっぱなし 上 (九龍COMICS)はなしっぱなし 上 (九龍COMICS)
(2004/02/18)
五十嵐 大介

商品詳細を見る


あらすじ

不思議な夢のような連作短編集。

ノラ猫とけんかした少女。
体が小さくなって、ノラ猫の体を駆け回る。

一人でお祭りに来た少年。
誘われるように、虫たちの場所に来てしまう。

鳥を狙っているノラ猫。
その猫の目の前で、謎の男が鳥を食べ、そして空へ飛び立ってしまう。

朝起きたら頭が痛いような気がしたので、学校を休んだ少年。
家に一人でいると、謎の老婆が人魚を売りに来る。

etc.…


感想・みどころ

不思議な不思議な話ばかりの短編集。
どれも短く、中には6ページしかないものも…。

内容はなんとも説明が静ら鋳物ばかり。
不思議で、謎で、ちょっと怖いような話ばかり。

その話にマッチし絵。
この幻想的で、圧倒的な描写はすごい。

「お・お・お」

2012-08-01(Wed)

五十嵐大介『海獣の子供』⑤


海獣の子供 5 (IKKI COMIX)海獣の子供 5 (IKKI COMIX)
(2012/07/30)
五十嵐 大介

商品詳細を見る


あらすじ

うたう鯨に飲み込まれた琉花は、潮の干いた洞窟にいた。
そこで琉花は、空らしき人影に出会う。

彼は、琉花の役目は隕石を運ぶことだと告げる。
そして、琉花の役目は終わったのだと言う。

体内に隕石を宿している琉花は。
琉花の前に海が現れる。

海は琉花の隕石を受け取る。

そして、「本番」が始まる。


感想・みどころ

空から譲り受けた隕石を運んできた琉花。
その隕石は海の手に渡り、「本番」が始まる。
琉花は、その一部始終を見届けることになる。

そして、「本番」が描かれていくのだけど、その絵がすごい。
150ページくらいにわたって、ほぼ絵のみで描かれていく。
琉花の見たその光景は、とにかく圧倒的。

「…海くん…」

2012-07-29(Sun)

衿沢世衣子『ちずかマップ』


ちづかマップちづかマップ
(2010/01/22)
衿沢 世衣子

商品詳細を見る


あらすじ

高校に入学した千束(チズちゃん)は、尋ね人の仕事をしている、
おじいちゃんの善七にパソコンをねだる。
いつもは怖い善七なのだが、なぜか好きなように使えと大金を渡してくれる。

パソコンを買いに秋葉原にやってきた千束だったが、パソコンのことは何も分からない。
偶然出会った幼馴染の三四郎に手伝ってもらい、パソコンを買う。

善七のお店に戻ってきた千束と三四郎。
2階の書庫にパソコンを設置することに決めたが、
階段を上っているときに三四郎がぎっくり腰になってしまい、
階段の下にあった箪笥とふすまを壊してしまう。

千束は弁償するために、善七の手伝いをすることになる。


感想・みどころ

探偵のように尋ね人の仕事をすることになった千束。
(人じゃなくて物を探すことにもなる)

古地図を駆使して10年間会っていない友人を探し出したり、
子供の頃に行っていた天ぷら屋にあった絵などを探すことになる。

訪れる場所は秋葉原、本郷、麻布、浅草などなど。
(第五話では東京を飛び出して京都に行く)

三四郎の助けも借りて(勝手についてくるだけかも)、
千束はいろんなところを探索する。

「真撃…」

2012-07-27(Fri)

山岸凉子『ケサラン・パサラン』


ケサラン・パサラン (1巻) (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)ケサラン・パサラン (1巻) (MFコミックス ダ・ヴィンチシリーズ)
(2012/07/23)
山岸凉子

商品詳細を見る


あらすじ

イラストレーター兼エッセイストの星由良子は、
最寄り駅から遠い自宅を不便に思い、駅の近くに引っ越すことを思い立つ。

由良子の姪で、アシスタント兼秘書の紫苑は、不安でいっぱい。
由良子の突然の宣言に振り回されることに。

紫苑の恋人で、編集者の樹も巻き込んで、
由良子は新しい家を建てることに奔走する。

果たして家は立つのか?


感想・みどころ

家を建てるには、まずは土地探しから。
由良子が目をつけた土地は国有地。

だが競争入札で申し込むが、落札できず。

その後、いろいろ土地を見て探すが、いい土地は見つからない。
ふと落札できなかった土地を通りかかってみると、売地になっていた。

由良子は今住んでいる家を抵当にして、その土地を買うことにする。

「これから家を建てようとなさっている方は
 決してこの先を読まないでください!」

プロフィール

ももんが

Author:ももんが
しがない20代男子です。

マンガのジャンルは問わず、いろいろ読みます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング
よろしければクリックをおねがいします

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。